会員ログイン

形状から選ぶ

低頭・小頭
六角穴付
ボルト
小ねじ・マイクロねじ
タッピングねじ
ワッシャー
ナット
ドリルねじ
座金組込みねじ
手締めねじ
止め輪・ピン
リベット
アンカー
建物金物
機械部品・工具
樹脂製品
パック商品
DINページ
他にもたくさんの商品があります。

用途から選ぶ

9月中、タップタイトの割引キャンペーンを実施中です!                                    ★★ ねじコンシェル.comは全品 税込 価格です ★★                                    リクエスト商品も受付中です。お気軽にご相談ください。                                    取扱い商品、ドンドン拡充中です。                                    

商品名/型番検索

ショッピングカート

0点の商品が入っています。

合計 0円(税込)

ネジ・ボルト・ナットの図書館

  • TOP >
  • ネジ・ボルトの図書館

ようこそ!ネジ・ボルト・ナットの知識と情報が集まった図書館へ! ねじ執事がネジ・ボルト・ナットに関する専門用語を解説します。

あいうえおINDEX

ナーリングナイロン66内部ドライブなべ頭なめる逃げ溝
二条ねじ二相ステンレスニトリルゴム(NBR)二面幅ヌスミねじりモーメント
熱間鍛造熱処理ノギスノボラック

ナーリング

ローレット参照。

ナイロン66

ナイロンはアメリカのデュポン社により開発され、アミド結合によって長く連続したくさり状の合成高分子を紡糸して繊維化したポリアミド系の合成繊維の総称です。

ナイロン66(ポリアミド66=PA66)は、ナイロン6の融点約215℃に比べ、約265℃と耐熱性に優れています。

内部ドライブ

十字穴、六角穴、ヘクサロビュラ等、締め付け工具(レンチ)を上からしか当てられないものです。

なべ頭

鍋をひっくり返したような形状をしている事から、この名称になっております。小ネジやドリルネジなどでは最も一般的な形状です。

英語で“PAN HEAD”と表記される事もあります。

なべ頭の商品はこちらから

なめる

ここではねじ用語としてご説明します。ボルトの締結または取外しにおいて、過剰なトルクやレンチなどの工具が適正でない場合、またカムアウトなどが原因で頭部穴の角が削れてしまい、工具が空回りしてしまいます。この状態をなめると呼びます。

逃げ溝

ヌスミ参照。

二条ねじ

リードがねじピッチの2倍に等しく、ねじを一周させると2ピッチ分軸方向に進むねじになります。要するに、通常の一条ねじ(リードとピッチが等しいねじ)はねじ山の螺旋が1本に対し、二条ねじは2本の螺旋になるという事です。二条ねじは一条ねじ比べると緩みやすくなっています。また、リードが3倍になる3条ねじもあります。2条ねじ以上を多条ねじという言い方をします。

二相ステンレス

二相ステンレスとは、オーステナイト組織フェライト組織の二種類のステンレス組織を合わせ持ったステンレス鋼です。高クロム(フェライト系)にニッケル(オーステナイト系)を含有させてあるので、高強度のうえに高耐食という性質を持っています。また、水(海水)などにも耐食性があるため、プラント設備や橋梁などにも用いられます。

二相ステンレス:SUS329J1、SUS329J3L、SUS329J4Lなど

ニトリルゴム(NBR)

ニトリルゴムは主要な合成ゴムの一つであり、ブタジエンとアクリロニトリルとの共重合体でNBRとも呼ばれます。

耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に比較的優れる為、Oリングやガスケット等のシール材、また手袋の材料として多く用いられます。

ただし、耐オゾン性や耐寒性が他のゴムより劣りますので保管や使用場所に注意が必要です。

二面幅

対辺参照。

ヌスミ

金属加工の一種で、ねじなどの頭部の首元へねじ谷径以下のわずかな溝を表します。逃げ溝ともいいます。

ヌスミ加工(逃げ溝加工)には2通りの目的があります。

1.金属加工において、角部などを加工する際に工具の角が届かない為、角部にRが発生します。Rが他の部材に干渉すると不都合が生じる場合、角部に対し直角または斜めにわずかな溝加工を施します。

2.ねじ山を頭部まで形成する事は難しく、ねじ部と頭部の間に不完全ねじ部が発生します。これにより、ねじが相手材から浮いてしまいます。ねじと相手材を密着させる必要がある際、首元にこの加工を行います。ただし、ヌスミ加工を行うと、軸径が細くなる為、強度は弱くなるので注意が必要です。ヌスミ加工の長さはねじピッチ×1.5〜2倍程度が望ましいと思われます。

ねじりモーメント

トルク参照。

熱間鍛造

鋼材を変態点よりやや高く、溶け始める温度より低い状態にして塑性加工を行う作業工程をいいます。鍛造という言葉は熱間に対して多く使われます。

熱処理

材料を加熱したり、冷却したりして材料の性質および状態を変更する加工方法です。焼入れ、焼きもどし、焼きなまし、焼きならしは、一般的な熱処理です。

熱処理を行う事により強度を高める事ができます。

ノギス

長さを100分の5ミリメートル単位まで精密に測定する測定器で外側測定・内側測定・深さ測定・段差測定が出来る器具です。

ノボラック

フェノール樹脂の種類の一つで、酸性触媒下においてフェノールとホルムアルデヒドを縮合重合させたものとなります。ノボラック樹脂は通常は固形で、加熱すると溶けて柔らかくなり、冷却すると固まる熱可塑性樹脂に分類されます。ただ、ノボラック樹脂自身は加熱させただけでは硬化しないため、硬化剤と共に加熱することにより成形します。

アルカリ触媒下で合成させたレゾール型もあります。

▲ページのトップに戻る